大阪 心斎橋駅・四つ橋駅よりすぐ「あぼ歯科医院」はインプラント治療に力を入れております。他の病院で断られた方、入れ歯やブリッジからインプラントにしたい方などまずはご相談ください

インプラント治療

歯を失ってお悩みの方へ インプラント治療



食べる喜びやお喋りすることなど楽しい生活は健康な歯があることにはじまります。歯を失うと、審美的(見た目の美しさ)に損になってしまうだけではなく、きちんと話せなくなったり食生活にも大きく影響を与えます。

人は永久歯を失うと残念ながら二度と生え替わってきません。

そのため今までは「入れ歯」「ブリッジ」などを用いるしか その部分を補う方法はありませんでした。

しかし「入れ歯」だと固いものがうまく噛めない、発音がおかしい、また長く使っている間に合わなくなってガタついてきたりする場合があります。また、「ブリッジ」ですと、健康な歯を削らなくてはならないという欠点が生じます。

このように歯を失ってお悩みの方に新しい治療法「インプラント治療」をご紹介いたします。

笑顔に自信を。食事に楽しみを。



日常生活の健康を支えている歯は口の中に見えている部分「歯冠」とあごの骨の中に隠れていて見えない部分「歯根」からできています。歯周病や虫歯、事故などで歯を失うと機能面、審美面、生活面に大きく影響します。特に「歯根」を失った場合、次のような影響があります。



抜けた歯の周りの骨がやせ細る。周りの歯が徐々に移動する。噛む力がど弱くなる。顔の輪郭が変わり、表情が老けて見えることがある。肩こり、頭痛、姿勢の崩れが原因になる。うまく話が出来なくなったり、発音がおかしくなる



歯を失ったことで生じる影響は人によりさまざまですが、具体的にどの部分の歯を失ったかによっても異なってきます。歯冠だけを失った場合には歯の見える部分をなくしたことになりますが、歯根も失ってしまった場合には歯の見えない部分もなくしたことになります。歯根は歯を顎骨に固定し、歯冠をしっかりと支えている部分です。歯根がなくなると、抜けた歯の周りの骨は徐々にやせ細り、残った健康な歯が移動してきて、やがて噛めなくなる恐れもでてきます。 このような問題を解消する治療法として「インプラント治療」があります。

インプラントとは

インプラントで歯のある生活を。



インプラントとは天然歯根の代用となる人工歯根のことです。

インプラントは、第2の永久歯と言われています。

永久歯がなくなり、後を補う歯としてインプラントが第2の永久歯と言われているのです。基本的には補綴治療と口腔外科、歯周治療をミックスした治療になります。歯が失われた場所に歯の根にかわる人工歯根を埋めます。骨としっかり付いた段階で人工の歯をその上に取り付ける治療法です。そもそもインプラントの歴史は古く、1952年にスウェーデンにあるイエテボリ大学のブローネマルク博士がチタンと骨が結合する現象オッセオインテグレーションを開発されました。1980年代まで15年にわたって臨床研究を続けてデータを蓄積し、ブローネンマルクシステムを確立しました。1981年に学術論文を発表し、この発表により、歯学界にセンセーションを巻き起こし、世界中でオッセオインテグレーション・インプラントが臨床の場で実際に行われるようになったのです。

インプラントはこんな方におすすめです



歯周病やむし歯などの病気やスポーツや日常生活で歯を失ってしまった場合、インプラントが新しい歯の基盤となってくれます。容姿や機能性を取り戻してくれるインプラントは下記のような方にオススメです。



 支える歯が片側にしかないためブリッジを付けられない方。ブリッジを支える歯と歯の間隔が広すぎる方。歯が抜けている方。入れ歯に違和感や面倒だと感じている方。固定義歯が職業上必要な方。入れ歯が合わなくなってきた方

他の治療との違い

入れ歯・ブリッジ・インプラントの比較



不幸にも歯を失してしまった場合の治療方法として、皆さんもよくご存知の「入れ歯」があり、また隣の健康な歯に影響がある「ブリッジ」という治療方法があります。そして新しい治療方として「インプラント」があります。どのような治療方法にも必ず、メリット・デメリットがあります。

患者様の口腔内環境とご要望を照らし合わせ、最適な治療方法を選択していきましょう。


メリットとデメリット

インプラント 入れ歯 ブリッジ
インプラント
    [メリット]

  • しっかり噛め、違和感がありません
  • 天然の歯のように再現でき、見た目も美しい
  • 周囲の歯に負担をかけません

    [デメリット]

  • 外科的な手術が必要なため、高額になる
  • 長期的な治療が必要な場合がある
  • 患者様の口腔内環境によっては治療が不可能の場合がある
入れ歯
    [メリット]

  • どなたでもすぐに治療が出来ます
  • 取り外しが可能でメンテナンスもしやすいです
  • 自費の場合は治療方法や材質の選択が広がります

    [デメリット]

  • 咀嚼がやや低下する
  • 保険治療の入れ歯だと厚みや違和感が多少ある
  • 顎の骨がやせると、再度作り直しする必要がある
インプラント
    [メリット]

  • 固定式なので入れ歯よりは安定感がある
  • セラミックを使用すると見た目も自然な仕上がり
  • 周囲に健康な歯であればすぐに治療可能

    [デメリット]

  • 両隣の歯を削る必要がある
  • ブリッジを支える歯の負担が大きくなる
  • 土台となる歯の状態や欠損の範囲によってはブリッジ治療が不可能の場合もある

当院のインプラント治療の流れ

安全で確実なインプラント治療をするためには



ポイント1

しっかりとした診査診断



インプラント治療を行う上で、安全で確実な検査・診断が必要となります。当院では、CT診断に低被ばく線量の高性能の歯科用CT「ベラビューエポックス3DF」(歯科用X腺CT モリタ社)を導入してます。

CTスキャンで撮影した画像を元に患者様の状態を数値化にしてシュミレーションするためのソフトも導入しております。インプラントの埋入シュミレーションが行え、より安全で確実なインプラント治療が行えます。

ポイント2

納得出来るまでカウンセリング



インプラントは外科手術です。治療前・治療中、そして治療後、私達、歯科医師と長い付き合いとなります。 患者さんに心から安心、納得いただけるまでカウンセリングの時間を作り、患者さんがインプラント治療に対する理解を深めた上で治療することが大切です。また、治療に関わるご質問はもちろんですが、インプラントは自費診療です。あぼ歯科医院は、患者さんにかかる費用に関しても、納得するまでお伝えする義務があると考えております。

ポイント3

安心のインプラントシステム



当院ではストローマン社製のインプラントを使用しております。ストローマン製品の高い品質と信頼性は、長期治療成績によって裏付けられており、世界で信頼されるインプラントブランドです。

インプラント治療の流れ



Step 1 : カウンセリング


インプラントを行う前に様々な疑問やお悩みなどお考えの方が多いようです。十分に患者様の不安や疑問などをお答えするためにも、じっくりとお話をさせて頂きます。

Step 2 : 精密診断


インプラント治療を行う前に、インプラント治療が可能か?お口の中を診させて頂きます。骨の状態と口腔内を詳しく検査をし、口腔内の模型、口腔内写真の撮影、CTレントゲン撮影などを行います。

Step 3 : 診断と治療計画の説明


精密検査により得られた診断結果に基づいて立てられた治療計画や治療費用について説明をいたします。また、虫歯や歯周病がある場合は治療をし、全体的な口腔内環境を整えます。

Step 4 : インプラントの埋入


インプラントを埋め入れていきます。外科手術ですので局所麻酔を施しますが、その日のうちにご帰宅いただけます。インプラントは顎の骨としっかり結合されるまで待つ必要があいます。健全な骨の場合1.5ヶ月、骨再生を併用する場合4〜6ヶ月治癒期間を設けます。(治療部位や口腔状態によります)

Step 5 : 上部構造装着


歯型を採取して、周囲の歯と調和する色の人工歯を制作します。その後、付けておいたアバットメントに被せて固定させ、噛み合わせなどの微調整を行ない、完了です。

Step 5 : メンテナンス


インプラントは、人工歯を取りつけてからの「定期的なメンテナンス」が重要です。常に口内を清潔にするよう心がけ、歯科医院でのクリーニングや定期的な検診をしましょう。

骨の再生療法とは

他の病院で骨がないからインプラント治療が出来ないといわれた方へ



GBR 骨誘導再生療法



重度の歯周病などにより、骨の幅や高さが無い場合に手術が必要となります。当院では、骨を再生するGBR(骨誘導再生療法)を行います。 GBRは、骨の再生を促す骨補てん剤や特殊な膜を入れ、徐々に骨が再生されます。

サイナスリフト ラテラルウィンドウテクニック



サイナスリフトは上顎の奥歯を抜歯したケースで良く用いられる治療法です。上顎の骨のすぐ上には、上顎洞(サイナス)という空洞があり、その空洞があることが理由で上顎の骨は下顎の骨程厚みがありません。

さらに顎骨は抜歯後時間をおくとやせていくため、インプラント埋入手術に必要な顎の骨量を増やす骨増成手術です。

インプラント治療Q & A

インプラント治療に対する疑問

Q1.インプラント治療に年齢制限がありますか?

最低16歳以上とは言われていますが、骨の成長がほぼ終了していると言われる20歳を過ぎてからがより安全と言えるでしょう。

Q2.糖尿病でも大丈夫ですか?

医師の指導もとに十分コントロールされていれば大丈夫ですが、状態によってはインプラント手術が出来ない場合もあります。詳しい病状を先生に伝えてください。

Q3.歯槽膿漏でも大丈夫ですか?

歯槽膿漏にかかっている方はお口の中の衛生状態の悪い場合が多く、そのままではインプラントを入れることは出来ません。治療と正しい歯磨きを身につけることで歯槽膿漏を直し、それからインプラントを入れます。

Q4.何本入れればいいのですか?多い方がいいのですか?

抜けた歯1本に対して必ずしも1本のインプラントを入れる必要はありません。顎の骨の状態によって入れることが出来ない場合もあります。また、インプラントで維持させる床のついた義歯を入れる場合は少ない数のインプラントで大丈夫です。

Q5.治療期間はどのくらいかかるのですか?

一般的に、顎の骨に入れたインプラントが周りの骨と結合するのに、使ったインプラントとひとにもよりますが6週間~24週間かかります。その後、上に歯を入れるための期間がかかる場合とすぐに入れる事ができる場合があります。ストローマンインプラントの場合はインプラント手術の後、数週間で上の歯まで入れることができます。(※骨の状態など、様々な条件が良好な場合に限ります。詳しくは歯科医院ご相談下さい。)

Q6.治療の間、歯がないところはどうしますか?

仮歯や仮の入れ歯を入れておきます。見た目にも食事をするにも問題はありません。

Q7.全身麻酔でも治療できますか?

どうしても手術に不安な人や広い範囲に数多くのインプラントを入れる場合、極度の難症例や特殊な手術の場合は、提供する大学病院や総合病院で手術でインプラント治療を行います。

Q8.手術の際には入院が必要ですか?

ごく限られた場合は入院する必要はありません。しかし、普通のインプラント手術でも手術後2~3日は安静にして下さい。

Q9.インプラントはどのぐらいもちますか?

インプラントはチタン製でとても丈夫ですので何か問題が起こらなければ半永久的にお口の中で機能します。しかし、歯磨きが十分にできないでインプラントの周りに歯垢がついた状態にしていると天然歯と同様、歯槽膿漏のような状態となり、インプラントの周りの骨がやせてしまってグラグラ動いてしまいます。このようになったインプラントは撤去する他ありません。インプラントを長持ちさせるためには、毎日しっかりと歯磨きをし、必ず定期検診を受けてチェックと指導をしましょう。

Q10.治療費はどのぐらいかかりますか?

インプラント治療は自由(自費)診療です。保険は適用できません。使用するインプラントの本数や種類上に装着する人工の種類、症例の難易度によって費用は異なりますので事前に歯科医院へご相談下さい。

Q11.インプラントの手術は痛いですか?腫れますか?

口の中だけの局所麻酔をしてからインプラントを入れますので、ほとんど痛みは感じません。処置時間はおおよそ30~120分位です。

Q12.手術後の注意は?

1~2日の腫れている間は食事がしづらくなります。また、感染しやすい期間でもあります。食事はかたいものを避け、ジュースやスープなどの流動食や栄養バランスに優れたべビーフードなどを摂って下さい。当日あるいは翌日くらいまでは多少出血が続きますが強くうがいはしないで下さい。また、大きく口を上げたり、笑ったりするのも避けて下さい。薬は指示通りにきちんと服用してください。歯磨きは手術当日はやめ、その後歯科医師の指示に従ってください。

Q13.治療成功率はどのぐらいですか?

成功率の分析をするために複数の病院で1003人の患者さんに計2359本のインプラントを入れ、8年間に渡って追跡調査した文献報告では、90%以上が全く何も問題なく機能し続けております。

Q14.以前の自分の歯と同じように噛むこと出来ますか?

インプラントは顎の骨としっかりくっついて丈夫な土台となり、リンゴ、たくあん、あわびの造り、スルメなどほとんどの物はしっかりと噛めます。以前の自分の歯以上かもしれません。

Q15.接客のお仕事をしているため、歯がない状態では困ります

基本的に仮歯を作成します。仮歯は見た目ような物なので、噛める機能と言うより、あくまでも「仮の歯」です。長期間利用する事を目的としてないため、人工の歯を入れられるようになった場合は、人工の歯を入れます。