大阪・心斎橋 あぼ歯科医院では痛みがない最新の歯科レーザー治療を行っております。歯科レーザー治療は従来の治療方法に比べ回復が早く、無麻酔で行う事ができます

レーザー治療

レーザー治療とは



痛みのない歯の治療は皆さんの望みです。無痛で治療することは、歯科の課題として研究に研究を重ねられてきました。
痛みが少ない歯科治療の一つとしてレーザー治療注目されています。歯科用レーザーには様々な種類がありますが、中でも当院が使用しているのは・・・

あぼ歯科医院は、「Er:YAGレーザー」という唯一、歯を削ることが認可されたレーザーを導入しております。

このEr:YAGレーザーは、水を併用するので痛みの発生が最も少ないレーザーとして評価されています。
生体組織の水分に対する反応が高く、発熱が少ないため、表面が黒く焦げるなど周囲の組織への影響がほとんどなく、安全性の高いレーザー装置といわれています。治療時は虫歯の部分だけを取り除くことができるため、健全な部分を多く残すことができます。また、歯だけでなく歯周病など多くの治療に用いられています。

レーザー治療はこんなことが出来ます!!



歯周病治療

歯周病治療


歯周ポケット内にレーザーをあてて、ポケット内の歯周病の原因である歯周病菌などを除去します。レーザーは大変抗菌力が強いので、どんどん回復していきますので歯周病の治療期間を短縮できます。また、歯周ポケットの溝も狭くなるため、歯のぐらつきを抑えられます。

外科的処置

外科的処置


形が悪くなった組織や、不良な組織をレーザーで切除して審美的に正常な状態に近づけます。Er:YAGレーザーは熱で組織を切開。蒸発しませんので、熱によるダメージがほとんどなく、治療したときのキレイさがダントツです。口腔内では余計な組織など出来たりします。これをレーザーで切開していきます。

歯ぐきの黒ずみ・色素沈着除去

歯ぐきの黒ずみ・
色素沈着除去

よくメラニン色素などといわれますが、お口を開けた時に歯ぐきが黒ずんでいたりしますと、審美的に美しくないですよね。レーザーで歯肉の中の黒ずんだ色素を除去していきますので、痛みの発生が比較的に少なく、またきれいに除去できます。

口内炎・知覚過敏症状緩和

口内炎・知覚過敏症状緩和


お口の中の口内炎が出来ると不快ですよね。レーザーを照射すると、短時間で口内炎の痛みがなくなりなり消滅していきます。また、レーザーを照射すると歯の表面に薄い膜ができ、歯の神経を保護できるため、知覚過敏による痛みやしみを軽減できます。

レーザー治療って痛くないの?



麻酔なしで痛みなく治療が可能です

麻酔注射による痛みや不快な思い、恐怖を感じることがないだけでなく、菌を除去する効果があり、処置後の早い治癒も期待できます。 従来のレーザーは痛みが出たという声が聞かれましたが、それはなぜでしょうか? その原因はレーザーから発生する熱にありました。

しかし、Er:YAGレーザーは先端から水をスプレー状に噴きつけて患部を冷却しながら治療していくので、痛みが少ないといわれています。(さらにレーザー麻酔効果もあるといわれています) Er:YAGレーザーは、生体の持っている水分に反応し、水分にレーザーが当たると一瞬に蒸発していきます。そのため、痛みを感じることなく素早く治療することができます。