大阪 心斎橋駅・四つ橋駅よりすぐ「あぼ歯科医院」長年の経験と豊富な知識と経験の歯科医院です。インプラント・歯周病治療・義歯・入れ歯・審美歯科を中心に行ってます

予防・メンテナンス

治療中心から予防中心へ



治療中心から予防中心へ

「歯が痛くなったら歯医者に行く」、「歯は悪くなったら治療をすればいい」という考え方が、結局、自分の歯を失うことになってしまいます。なぜなら、治療をした歯には寿命があるからです。

歯は削ったら、二度と元には戻りません。当たり前かもしれませんが、それが事実です。歯が悪くなってから来ていただいても、治療することしかできません。治療するということは歯を削るということです。歯は他の体の組織と異なり、自浄作用(自分で良くなる能力)がありません。悪くなったら、その部分を削り落として、人工の物で補うしかないのです。

すなわち、「機能を回復させる」ということしかできないのです。

高齢者は2人に1人が入れ歯に・・・
このままだとあなたも入れ歯になるかも!?



日本人は50歳代後半から2人に1人が部分入れ歯を、75歳以上では約60%が総入れ歯を使用しています。しかし、北欧の国では80歳でも入れ歯をすることなく元気な高齢者がたくさんいます。どうして、こんな差が出てしまったのでしょうか?その違いを調べてみると、「むし歯になってから歯医者へ行った」のか「むし歯にならないために歯医者へ行ったのか」の違いだということが解っています。

予防歯科はなぜ大事なのでしょうか?



現在、ある調査によりますと歯医者さんで行われている治療の2/3は再治療で、世界中で行われている再治療の総額は年間で1,000億円を超えると言われています。最初は小さな詰め物でも、やり直しを繰り返し、やがて神経を抜いたり、最後には歯そのものを抜いてしまいます。

私達に出来ることは、この悪循環の流れに一人でも多くの人を入れないようにすることであり、既にこの流れの中に入っている人たちに対しても出来るだけその流れを遅くすることだと考え痛みが止まったり、歯に詰め物をしたり、被せたりして元通りに噛めるようになると患者さんは喜んだ顔をされますが、もっと嬉しいのは病気にならない事ではないでしょうか?病気にならないようにする予防こそが本当の医療だと考えています。